レースレポート 湯梨浜

0
     先日、17日に、鳥取のハワイで行われた、ハワイトライアスロンin湯梨浜大会に参加してきました。

    天草、蒲郡、湯梨浜と、3週続けてのレースで、身体も疲れていましたが、この大会は日本選手権の中国ブロック予選と、国体予選も兼ねていたので、気の抜けない重要なレースです。


    この大会はエイジランキング対象大会の、一般レースでしたが、ブロック予選対象選手は、水温21度あったため、ウェットは禁止となりました。


    連戦の疲れと、蒲郡で痛めた腰に不安があったため、当日のアップは普段より軽めに行いました。ただ、フローティングスタートと、スイムアップはスタート前にしか行えず、水に入ってからスタートまでが長いので、身体が冷えないように直前まで身体を動かしていました。



    スタートは最前列から。エリートのレースではスタートがかなり重要になってくるので、一気に飛び出しますが、今回は落ち着いてスタート・・・が裏目に出ました。

    学生選手権予選出場のウェットを着た選手たちにに揉まれてしまい、まさかのバトル。今シーズンはスタートではエリートレースでも飛び出せてバトルに巻き込まれなかったので少し焦りましたが、落ち着いてスピードをあげて抜け出します。今回のコースはヘッドアップは頻繁にする必要はないコースでしたが、前回のレースでの失敗を踏まえ、あえてヘッドアップは多めに。回りの状況、コース等良く見ながら泳ぐことに集中しますが、身体が重く、なかなかペースを上げれず、追い込みきれないままスイムアップ。2番手でバイクに移ります。

    トランジットはトップで出ましたが、すぐに後ろからきた選手にかわされ、またもや2番手でレースを進めます。


    バイクコースは東郷湖の回りのアップダウンを含むコースを3周回します。普段は110回転くらいでペダルを回していますが、今回のレースは普段より重いギアを踏んでみることを試しました。回転数は90〜95回転を目標に(ただ、メーターが壊れたのか回転数が表示されなくなったので勘です)


    一周目終盤で腰が痛くなり始めましたが、今回のレースは何があっても諦めないことがテーマだったので、今できるベストを尽くそうと、集中してペダルを回します。3周目にまた一人にかわされ3位に後退しますが、大きい声援にも背中を押され、なんとか粘ってランへ。



    走り始めは身体が軽く、いいリズムで走れ、バイクでかわされた選手を抜き返し、2位に。このリズムで最後まで押して行きたかったのですが、3km過ぎから急激に足が重くなり一気にペースダウン・・・一人にかわされ、5km地点の折り返しを過ぎてからも足がまったく前に出ず、さらに二人にかわされ、5位でゴール。
    結果は良くなかったですが、なんとか国体、日本選手権の権利は取ることが出来ました。



    最後までなんとか粘れたのも、レース前のチームメンバーからの最後まで絶対諦めるな!という激励や、沢山の応援のお陰だと思います。


    応援に駆けつけてくれた方、サポートしてくれた家族、会場で声を張り上げてくれたボランティアの方達、全てに感謝です。ありがとうございました!

    ただ、気が抜けたのか、いや浮かれすぎたのか(笑)風邪をひいてしまいました・・・早く治して次のレースに備えます!


    コメント
    頑張っとるやん!
    • 07J1005
    • 2012/06/30 9:39 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM