第19回日本トライアスロン選手権東京港大会レポート(竹内)

0
    第19回日本トライアスロン選手権東京港大会レポート

    日時:2013年10月13日(日)
    場所:東京都お台場
    水温:21.9℃ 気温:20.0℃

    エリート男子結果:
    1位 田山 寛豪(NTT東日本・西日本/流通経済大学職員)1:47:59      
    2位 
    細田 雄一(森永製菓)                                         1:48:31
    3位 下村 幸平(ボーマレーシング)          1:49:16
    4位 山本 良介(キタジマアクアティクス)       1:49:41
    5位 古谷 純平(ロンドスポーツ・チームブレイブ)       1:49:51
    6位 谷口 白羽(トヨタ車体)                                        1:50:04
    7位 高濱 邦晃(チームフォーカス・門司地産)     1:50:27
    8位 椿 浩平(宇都宮村上塾)             1:50:28
    9位 遠藤 樹(トヨタ車体)              1:50:38
    10位 古谷 純平(ロンドスポーツ・チームブレイブ)   1:51:09
     
    27位 竹内 鉄平(チームあすたま監督)                 1:55:00
     
    使用ツール:
    フレーム  CEEPO STINGER
    ホイール   Shimano WH-9000-C35-CL 
    タイヤ    Vittoria Open Corsa CX
    ウェア    ASICS オーダーコンポトライスーツ
    シューズ   ASICS SORTIE MAGICRISE 
    サングラス  adidas super nova
    ドリンク   MUSASHI リプレニッシュ
    補給     ハニープラス ここでジョミ
    コンディショニング 自然整体院エイド・ステーション

    レースレポート:
    17回目の日本選手権。いつも通りに準備をして、いつも通りに頑張るだけだと、平常心でレースに臨む。
    ランキング順にスタートグリッドを選択。上位選手はイン側から並んでいき、レースナンバー27ということで、ちょうど真ん中あたりのポジション(第1ブイに対して最短距離)を取ることができた。


    (写真提供:増田和幸様)

    スタートの反応はいまいちであったが、村上大会で第1集団に入れたこと、アップの感覚が良かったこともあり、焦らずに、まずは有力選手の集まるイン側に移動していき、ポジションを前に前にと押し上げていく。お台場のスイムコースは第1ブイを回る位置が重要。第1ブイと第2ブイ、第3ブイの距離が短いので、最初のポジションから前に上がることが、直線が長いコースに比べて難しいためだ。ブイが近づいてきたところで、ギアを一段上げて、更にインに切り込み、ブイスレスレのところを回る。ここで数人の選手をパスすることに成功。そのまま流れに乗って、第2、第3ブイをクリア。750m1周回を終え、一度上陸したところで、前方を確認。先週の東京国体で優勝した福井英郎選手(トヨタ車体)がすぐ前にいたので、結構いい位置かも?と思っていたが、予想以上に前は大きな一群が見えた。20位前後か?第1集団に入れるかどうか、微妙なラインだ。

    (写真提供:増田和幸様)

    (写真提供:増田和幸様)

    スイム2周目に入ると集団が縦長に伸びていく。どこで集団が切れるかはわからないので、少しでも前へ前へとピッチを上げていく。ブイの直前でダッシュ→インから切り込み→ポジションアップを繰り返して、大集団の真ん中くらいまで位置を上げる。そして上陸、ビーチダッシュ!トランジションの入り口付近で、走りながらキャップを取ろうと頭に手をやると、ゴーグルがない!?後ろを振り向くと5mくらい後方にゴーグルが落ちていた!トランジションのボックスに自分の用具を入れないと、タイムペナルティ15秒を取られるので、あわてて引き返して、ゴーグルを拾う。この間5~6人の選手に抜かれる。タイムロスは5~6秒か?この数秒が命取りになるのがエリートレースの怖いところ。トランジションを超集中してこなし、バイクを押して乗車ラインまで走る。頼む、間に合ってくれ〜!



    勝負は集団が形成されるまでの2kmまで。必死に前を追う。湾岸警察署の前のコーナーまでに何とか集団に合流。メンバーは、福井選手、椿浩平選手(宇都宮村上塾・チームブレイブ)、古谷純平選手(ロンドスポーツ)、井上一輝選手(東京ヴェルディ)、高濱邦晃選手(チームフォーカス・門司地産)、杉本宏樹選手(千葉県連合)、大学生の小田倉選手(日体大)と高橋選手(日本大学)、高校生でジュニアチャンピオンの杉原賞紀選手(チームケンズ京都)18歳!そして宮古島出身で、現在北海道の大学に通う古謝孝明、同じく18歳!中学生の時に、宮古島で一緒に練習した彼と、まさかお台場で一緒の集団で走ることになるとは(@_@;)若者の成長は著しいね!

    (写真提供:増田和幸様)


    (写真提供:増田和幸様)

    (写真提供:日下部朝美様)

    バイクでは、若者のお手本となるように、ガンガンと集団を引っ張っていく…つもりだったが、今回は全く余裕がなく、ローテーションにもたまにしか加わることができず、コーナーの立ち上がり毎に遅れてしまう始末。直前に風邪をひいてしまった影響なのか、はたまたこれが自分の実力なのか?とにもかくにも、集団からちぎれないようにするので必死の状態。先頭集団との差は、最初30秒くらいであったが、徐々に差が開き1分30秒の差に。後続の第3集団とは2分の差でバイクフィニッシュ。これから10kmのラン。果たしてこの状態でまともに走ることができるか?
     
    (写真提供:増田和幸様)

    (写真提供:増田和幸様)

    (写真提供:増田和幸様)

    第2集団最後尾からのスタート。ま、待ってくれ〜(>_<)みんな速すぎるだろ…。1kmもいかない間に、どんどんと離されていくが、どう頑張っても自分のペース以上では走れないので、まずは自分の内面と対話。ランの重心移動を思い出して、重心移動に合わせて足を動かす意識で、無理にストライドを稼ごうとしないように走る。感覚は決して悪くない。ビルドアップしていけば、落ちてくる選手を2〜3人は食えるはず、と諦めずに自分をプッシュする。

    (写真提供:増田和幸様)

    折り返してきた選手とすれ違う。さすがにトップ3のスピードは異次元だが、後続の選手達もきつそうな表情で走っている。きついのは自分だけではない。みんな一緒。ランの強い選手を多く含む後続集団もすぐ後ろから迫ってきているが、とにかく前を見て集中。2周目、3周目と徐々にリズムは良くなってきていると感じたが、後続からの追い上げを受けて、一人、また一人を抜かされていく。走れない自分が悔しい。最後の最後、きついところでは、積み重ねてきたものの違いが出る。皆自分以上の努力を重ねてきたに違いない。


    (写真提供:大渕泰蔵様)

    (写真提供:増田和幸様)

    最終周。沿道からの応援に背中を押されて、同じ東海ブロックの疋田浩気選手(静岡県協会)をかわす。同じくトライアスロンチームを率いる代表として、また数少ない自分より年上の先輩トライアスリートとして、絶対に負けられない相手だ。向こうもそう思っているはずだ。ラストの直線に入り、一度抜かされた末岡瞭選手(京都府協会)を視界に捉える。フィニッシュロードに入ってスプリント開始!すべてを出し切ってフィニッシュ!結果は27位とレースナンバーと同じ順位。文字通り、実力通りの結果。今の自分にとっての100%のレースだったと思う。

    (写真提供:橋本晃様)

    (写真提供:大渕泰蔵様)

    今回のレースで、改めて、自分はこの場所に帰ってくるために1年間を過ごしているのだと強く感じだ。来年以降も、どんな環境、条件であっても、お台場を目指して戦う気持ちを持ち続けていきたい。

    最後に…応援、サポートしてくださったチームの皆様、スポンサーの皆様、大会関係者の皆様、そして選手の皆様、ありがとうございました<(_ _)>




    (写真提供:日下部朝美様)

     
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM