アジアカップ大阪舞洲大会レースレポート(竹内)

0
     舞洲スポーツアイランドで開催されたアジアカップ大阪舞洲大会に初めて出場。昨年まで51.5kmであった舞洲大会、今年からエリートは半分のスプリント(25.75km)に。距離が短くなったことで、18歳以下の若いジュニア選手も出場の機会が与えられ、参加人数も増えて、今回男子はマックス75名の出走となった。

    2週間前の七ヶ浜大会を終えてからすぐに練習を開始。疲労を抱えながらも、ぎりぎりまでポイント練習を積んできたため、前日土曜日の時点で、まだ色濃い疲労が残っていた。フォレスタヒルズでJogとバイクを軽く流した後の朝スイムでは25mのダッシュもできる状態ではなく、500mほど軽く流すだけで上がる。大阪へ移動→競技説明会を終えてからの大阪プールでの最終調整スイム練習では、随分と回復した感覚であったので、1000mほど泳いだ後に、30mダッシュ×4本。後は一晩寝てどこまで回復するか?

    スタート8時40分と早かったので、7時10分からバイクのウォーミングアップを開始。20分ほど乗った後、ランのウォーミングアップを20分ほど。そこまではよかったものの、トランジションのセッティングでバタバタしてしまい(スイムキャップ紛失…気付かないうちに落としていた)、気が付くとすでに8時10分。スイムのアップが10分ほどしか取れないという失態。泳いでみたものの、切れがなく、身体をほぐす程度。初めての会場で動線もよくわからず、アクシデントを見越して最低でもあと30分余裕をみておくべきだった。反省。

    スタート位置は、迷わずイン側を選択。スタートは福井選手、遠藤選手らの後ろについて泳ぐ作戦。コースは長方形のコースを1周回。スタートはまずまず?しかし、すぐにゴーグルに水が入ってきて視界がぼやけてしまう。ブイを回るところで軽くバトルに巻き込まれる。実力が拮抗している集団の真ん中辺りは大混戦。帰りの直線でも大きな集団の後方になんとかついてくので精一杯。ここから前に上がれない泳力が今の自分の実力。以前ならば、ここから前に攻めていけたが、ちょい前に見えている集団に追いつけずにスイムフィニッシュ。結果的にここの10秒が集団を分けることになった。


    バイクコースは夢舞大橋を往復する5km×4周回。坂を8回上るわけだ。バイクは七ヶ浜大会、その後の練習でも調子が良かったので積極的に行こうと決めていた。同じ位置でスイムを上がった選手をできるだけ置きざりにして、前の集団に追いつきたいので、1周目から積極的に単独で攻める。しかし、前の集団との差は詰まらない。更に後続からの12人ほどの集団に追いつかれてしまう。恐らくここは第3集団。このままでは勝負にならない。2周目の上りで、集団から小林晃久選手(チームケンズ京都)、末岡暸選手(京都府協会)が飛び出す。この二人はバイク・ランが強い。迷わず3人で逃げ体制に入る。しかし、前の集団は15人以上いるので、3人で追うのは正直厳しい…と思っていたところ、後ろから香港2名が合流してきた。香港は登りは弱いが下りは速い。また、小林選手、末岡選手の上りの引きはかなり強い。このメンツなら行ける!絶対に追いつこう!と声を掛ける。前から落ちてきた選手を何人かパス。

    しかし、前の第2パック(15人)は第1パック(6人)を吸収し21人の先頭集団に。5人で前を追うものの、その差は1分からほとんど変わらない。攻める気持ちとは裏腹に、自分の脚色も鈍ってきてしまう。正直、めちゃしんどい。油断すると切れてしまいそうだ。結局、前とは約1分。後続とも約1分の差でバイクフィニッシュを迎えた。走りだしは、脚が重いのはもちろんだが、酸素が体にうまく巡っていない感覚で、アップアップの状態。恐らく心拍が上がりすぎていたのだろう。キロ4分ペースが精一杯。もちろん後続の集団からもどんどんと抜かれていく。悔しいというか、情けない。バイクフィニッシュ時24位から36位まで順位を下げてフィニッシュ。今回のレースも惨敗で終わった。

    スイムパート出遅れ、バイクパートでの余裕のなさ、ランの切れのなさ、すべてがダメポイント。短期間で仕上げようと調整に余裕がなかったことにも問題はあったが、所詮1か月半程度の練習では、付け焼刃でしかないということだろう。ジャパンカップランキングポイントが獲得できるラストチャンスの村上大会まで、あと2か月間。もう一度やるべきことを明確にして、集中してトレーニングに取り組んでいこうと思う。

    応援して下さった皆様、ありがとうございました<(_ _)>
    お台場のスタートラインに立ちたいです。最後まで諦めません。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM