七ヶ浜大会 レースレポート(櫛田)

0
      

    ジャパンカップ第6

    みやぎ国際トライアスロン大会仙台ベイ七ヶ浜大会

     

    77日七ヶ浜大会に出場のため5日から仙台に向けて出発しました。

    6月の東海ブロック選手権以降体調不良で、練習もままならないほどで出場をギリギリまで考えていましたが、少し調子が戻ってきたので、出場を決意しました。 

    不安を抱えてのレースでしたが、チームメイトに励まされ落ち着いてレースを迎えることができました。アップは暑さもあり、極力少なめで状態を確認して行うことができ「状態は良くないと直ぐにわかった」

    スタートセレモニーが行われ2年前の震災の犠牲者に黙祷を捧げ、いつもの音楽が鳴りいよいよスタート。スタート位置は内側から埋まっていったので、ほぼ中央になりました。

    スタートの合図と共に一斉に海へ向かいダッシュ、まずまずのスタートでしたが、抜け出す事が出来ず隣の選手と小バトルになりました。そのうちに集団が左右二つに分かれたため直ぐに有力選手の集まる内側へ切り込みました。

    ここで良い位置にポジションを取ることができましたが、第一ブイが近づくにつれ外側の集団が内によって来てバトル開始で第一ブイを回る時に沈められ順位を落としてしまいました。

    その後は落ち着いて第二ブイを周りラスト直線、作戦では、ここからペースを上げて集団の前で上がるつもりでしたが、思うように身体が動かずにそのままのポジションでスイムフィニッシュしました。

    ここからがトランジションまでのショートラン数人の選手に交わされてバイクスタート、上手く乗車でき漕ぎ始めて前方を確認すると20mぐらい前に第二集団の最後尾が確認できましたが、今の自分では自力で追いつく事ができませんでした。

    ここは切り換えて第三集団に入ることに、1周目、何とか追いつこうとローテションに加わり全力で漕ぎましたが力及ばず、途中から前に出ることも出来なくなってしまいました。

    何とかこの集団でバイクをフィニッシュしたのですが、いつもの攻めの姿勢がまったくなく不甲斐ない自分に悔しさがこみ上げてきました。

    ランでも前を追うことも出来なく後続に次々と交わされ、良いところ無くフィニッシュしました。

     

    3戦連続でなんとか完走できた感じでした。

    前半戦ではどのレースを見ても自分の良さは出ずに終わってしまいました。

     

    まだまだ体調が戻らなそうなので次、予定していた。

    ITUアジアカップ舞洲大会はキャンセルします。

     

    後半戦に向け体調をしっかり管理して望みたいと思います。

    応援を宜しくお願いします。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM