パラリンピック 金メダリスト秋山選手のトークショー!!

0
    こんばんは。竹元です。

     

    昨日は、ロンドンパラリンピック金メダリスト、全盲の競泳選手、秋山里奈選手のトークショーに参加してきました!!

     

    ロンドンでの金メダル獲得に至るまでを、幼少のころからのエピソードも交え、お話していただきました。 

    アテネの銀メダル獲得からロンドンまでの8年間、北京では100M背泳ぎの種目が実施されないことが急遽決まるなど、悔しい経験やスランプを乗り越えて、ロンドンパラリンピック出場だったそうです。

     

    「必ず、金メダルを獲ります。」と、マスコミに公言することで、あえて自分を追い込み、頑張らなければならないようにしていたそうです。

     

    悔しさを思い出すために、世界選手権で2位になったとき、流れていた音楽を聴きかえして、自分を奮い立たせたこともあったそうです。

     

    そして、ロンドンでの劇的なレースの話は感動的でした。
    プレッシャーを跳ね除け、見事接戦を制しての金メダル獲得だったようです。

     

    目が見えない状況で泳ぎ、タイムを突き詰めること、フォームを突き詰めていくこと。

    どれだけ難しいか、想像しようと思っても、私には想像できないです。
    私自身、今ちょうど、スイムのフォーム改善に四苦八苦しています。

    ビデオの力をかりて、視覚からイメージを作って、改善に取り組んでいます。
    デオなどの手段も使えないとなると・・・、

    どれだけ大変なことか、全く想像できません。

    並大抵ではない努力があったのだと思います。

     

    今日のお話で、改めて感じたことは、「チャレンジ精神!!」

    「何事にも前向きにチャレンジ精神で・・・!!」
    「そうすれば、どんな逆境でも強くなれる。」


     
    トークショー後の写真撮影会では、金メダルにも触らせてもらいました。

    秋山選手から勇気をもらい、とっても思い出に残る時間でした。


    なのですがその後・・・・
    余韻に浸りながら、人だかりに交じって立っていたら・・・

    担いでいたスイム用具が入った大きなリュックをポンとたたかれ、


     
    「ボクも何か(スポーツ)してるの?」と、声が聞こえました。

     
    「えっ?」と思って振り返ったら、「あらっ、ごめんね。女の子だったのね」っと、謝られてしまいました。

      

    顔を見て、女の子ってわかってもらえたので、まだよかったかな・・・()



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM